ヨガワークスShop本店

検索


どうしてヨガマットは必要?

時や場所を選ばず行えるのが、ヨガのよいところ。ヨガマットがなければヨガはできない、というわけではありません。
ですがヨガマットがあれば、得られるヨガの効果は何倍にもなります。ポーズもより力強くなります。
そこでまずは最初の一歩「ヨガマットの役目って?」というところから、改めて考えてみたいです。

マインドの準備
マットを敷くことで、「これからヨガをはじめるぞ」という”気持ちの準備”も整うもの。ちょっとしたことではありますが、気持ちをしっかり”向ける”ことは、何より大切だったりしますね。
また、ポーズの向きやポジションの確認では、マットの直線的なエッジが目安にもなります。
グリップ・安定感
立位や逆転のポーズでは、土台となる床との接地面(手足)からすべりを取り除くことで、よりヨガに集中しやすい環境を整えます。
クッション性
座位のポーズでは、床に膝の骨や坐骨などが当たるときの緩衝材として効果的です。
また床は思いの他冷えているもの。横たわったとき、しんしんと伝わってくる床からの冷えが和らぎます。

ヨガになぜマットが欲しくなるか・・・ご理解いただけましたか?

そこで疑問。「じゃあ、自分のニーズに合うヨガマットはどれなの?」・・・
ヨガマットは、ただファッション性だけでバリエーション豊富なのではありません。
いろんなヨガ・さまざまなシーンで使い分けてもらうために、機能性の異なるヨガマットが多種あるのです。

では、あなたが今買うべきヨガマットはどれでしょう?
初心者から上級者まで、「自分の一枚」にめぐり合うためのヒントを、次にご紹介します。

選ぶときの視点は2つ 「厚み」 「サイズ」

厚み
様々な厚みが各社から出ていますが、市場の大半のヨガマットは「3mm~7mm」が主流です。
ざっくりわけて、運動量の多い(立位がメイン、よく動く、など)ヨガには、厚すぎる厚みは体の中心軸が捉えにくくなるので不向き、また、座位の多いヨガやピラティス・ストレッチなどには、薄すぎると床の固さが骨まで伝わってきやすいため不向き、と考えられています。
そのなかで「どこまで厚く/薄くなると、自分のヨガには合わないのか」を、他の2ポイントと絡めてお選び下さい。

ヨガワークスでは、ヨガスタイルに加えて、シーンやライフスタイルなど様々な需要にお応えできる、1mm~12mmまでのバリエーションを揃えています。
サイズ
実際スタジオまで持ち運べるものなのか・・・自分は体が大きい方なのだが「広さ」は十分足りるマットなのか・・・などの点に関わってくるのが、このポイントです。
ヨガワークスでは、長辺173cm/短辺61cmをヨガマットのスタンダードサイズに据え、より幅広のもの・長めのもの、折り畳み可能なマットなどもご用意しております。
  
  トラベラー・ライトヨガマットトロピカ  
  ヨガマットポルカヨガマット3.5mmヨガマット6mm プラネットサダナ
  ピラティスマット ザ・ブラックマット
  ワッフルヨガラグ  

これぞ老舗のこだわり!専門店ならではの安心品質に加え、ヨガワークスではどこにも負けない豊富な色バリエーションを揃え、ヨガに楽しさをプラス。
初心者から上級者まで、品質・デザインとも納得の「一枚」が、きっと見つかります。


ページの先頭へ